プロフィール

ポワール

  • Author:ポワール
  • もう1つのサイトもご覧下さい↓
    折り紙ギャラリー(リニューアルしました!(2016.3.7))

カテゴリー

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


最近のコメント

使用している折り紙の本

ブログ内検索


RSSフィード



川崎ローズ&布施ボックス -その2-

バラ箱第2弾です。






中のバラ2種と葉は、
  「バラと折り紙と数学と」(川崎敏和著)
から。箱は、
  「ユニット折り紙でつくる おしゃれな小物たち」(布施知子著)
の組み合わせ六角箱Gです。

青系が好きという小学生へのお誕生日プレゼントです。

なんとまぁ、玄関に飾ってくれたそうで!


ちなみに第1弾はこれ↓

川崎ローズ&布施ボックス

印象が変わりますね~。

クリスマスツリー

クリスマスツリーを作りましたぁ!




妹の飾りが寂しかった100均ツリーに、勝手に折り紙を
飾り付けたものですが(^-^;)

つけた折り紙はこれ↓




ゆかいな多面体―折ってなるほど!(布施知子著)
の両面かめのこ凸型立体12枚組み10個です。


クリスマス用のライトに一つ一つ取り付けました。
で、点灯すると・・・






きれ~。


色んな色に光っていますが、ライトは10個続きのもので、
1個だけ赤いライト、他は普通の白?色です。
(たしか昔Loftで買いました。)

このかめのこは、マットホイルで作ったのですが、
その色が外に照らされているので、色んな色に見える
んです。


かめのこは、内側の面もオモテ面が出る作品です。
(つまり、紙の裏の白い面が見えない。)

なので、かめのこの1箇所からクリスマスライトを
差し込んでライトアップすれば、中のホイルの色が
外に照らし出されるわけです。

我ながら良いアイディア!


この写真は小さいですが、大きいのをオリガミストの
クリスマスページ
に載せました。

このページには、Origami-Yaのhiroppeさんのクリスマス
作品をいっぱい載せています。

一足早いクリスマス気分をお楽しみ下さ~い(^-^)//

両面かめのこ凸凹混合組 - 68枚組




ゆかいな多面体―折ってなるほど!(布施知子著)
のP88に載っている

 両面かめのこ凸凹混合組切頂8面体を核に 68枚組

です。というか、これはサブタイトル!?
特に名前は無いようです。


かめのこの凹バージョンシリーズを作ろうか迷った
のですが、やっぱりこのへんてこな物体が作りたくて
これにしました。

見れば見るほどかわい~

何か名前をつけてあげたいなぁ・・・


それにしても組むのが大変でした。1つ組むのに2時間
くらいかかったと思います。糊付けなしです。

胴体?の部分は普通の凸パーツなので楽なのですが、
顔の凹のところが崩れやすくて、手があと2本欲しかっ
たです(笑)


左のは、10×5cmのクラフト紙

右は、7.5×3.75cmのマットホイルです。

  胴体&足?: マット グリーン 28枚(凸)
  首?: マット ナイルグリーン 4枚(凸)
  顔?: マット ライラック 28枚(凹A:12枚、B:16枚)
  顔ととさかのつなぎ目?: マット ピンク 4枚(凸)
  とさか?: マット レッド 4枚(凸)

です。


たくさん作って仲間を増やしたいなぁ・・・


[追記]
名前、ぴよ丸にしました。
我が妹にはどうやらヒヨコに見えるらしいので(^-^;)

両面かめのこ凸型立体 大量生産!




じゃ~ん。

  ゆかいな多面体―折ってなるほど!(布施知子著)

の「両面かめのこ凸型立体」全12種、すべて作りましたぁ。
パーツ総数はなんと

6+12+30+36+30+12+24+48+60+90+60+120=・・・

528個です(@o@)


では、1つ1つをどうぞ~。















[1]6枚組み(正4面体)[2]12枚組み(8面体)




[3]30枚組み(正20面体)[4]36枚組み(切頂8面体)




[5]30枚組み(正12面体)[6]12枚組み(立方体)




[7]24枚組み(立方8面体)[8]48枚組み(斜方立方8面体)




[9]60枚組み(20・12面体)[10]90枚組み(切頂20面体)




[11]60枚組み(変形立方体)[12]120枚組み(斜方20・12面体)


ふぅ。

これらの作品は、正方形の折り紙の半分サイズの紙で
作ります。

どれも糊付けなしですが、崩れやすさ度は多少違います。

一番崩れにくいのは、[3]です。


お気に入りは、[9]と[10]かな。


組み方がややこしかったのが[8]、[11]です。

でも、これらは、[8]は色が全部違うから、[11]は色が全部
同じだったからややこしかったのかもしれません。

一見、場所によって色を変えるほうが難しそうですが、まったく
逆でした。


そうそう、紙のサイズは、[8]が5×2.5cm、[11]が10×5cmで、
それ以外は7.5×3.75cmです。


ふぅ~。次は「両面かめのこ凹型立体」にしようかなぁ。

パーツ入れに任命!

以前作ったこの箱↓




何も入れず飾っていただけでしたが、このたび
ユニットのパーツ入れに任命されました(笑)





先日来、「両面かめのこ凸型立体」にはまってしまっ
て、全種類折るぞ!と思って取り組み始めたのですが、
あちらこちらで、ちょっとした合い間に折ろうとする
ので、失くしそうだったんです。


で、この箱をパーツ入れに。

これなら失くさないぞぉ!と思った矢先、箱を
ひっくり返しました。その後も数度・・・

別に箱が安定していないわけではなくて、いつでも
すぐできるようにと、すぐそばに置いておくのですが、
そこに箱があることを忘れて手でバシッ!っと・・・

まぁ、この箱が活躍してくれたおかげか、1個も失く
さず、全12種類完成しました(^0^)//

でも、写真がボケてうまく撮れていなかったので
アップは明日にします。

あっ、パーツの写真を一つ。




パーツの状態でも綺麗でしょ?

切頭多面体

切頭多面体を作りましたぁ。




といっても、見てお分かりかと思いますが、折り紙
ではありません。

ペーパークラフトです。


正直、ペーパークラフト作品を見るのは好きですが、
自分でやるのはあまり好みません。切り貼り作業は
嫌いなので。

でも、なぜ作ったかというと、先日電車の中吊りで
レオナルド・ダ・ヴィンチ展の広告を見たんです。

で、行きたいなぁと思って検索してみたら公式サイト

 http://www.leonardodavinci.jp/index.html

にペーパークラフトがあったんです。


面白そうな多面体だし、作ってみるかぁと思って印刷
してみました。元の紙はこれ↓です。




完成したときは、やっぱ折り紙の方が楽しいし、見た
目もいいよなぁ。と思っていましたが、だんだん愛着
が沸いてきましたよ!